無力な者の脱ひきこもり戦略

自分の力なんて、取るに足りないと思っています。

何かちょっとした成功体験をしても、後になって冷静に振り返ってみると、あれは環境に恵まれたからだとか、たまたま運がよかったからだとか、大抵はそうしたことが成功の主な原因に思えてきます。私の力によるものとは思えません。

だいたい自分の実力で成し遂げたことというのは、大した結果が出ません。なんとかそれなりの結果を残すことができたとしたら、それは、自分の実力を超えた力を発揮できたときです。そうした場合は、やはり環境とか運とか、そうした周囲の力が自分に追い風になったときのように思えます。

このようなネガティブなことを考えるのは、私が現在、こういう境遇にあることがもしかしたら関係しているのかもしれません。私もひきこもりになる前は、自己啓発本の影響を受けて、「自分には無限の可能性がある」と信じていたのですから。

■ あなた任せのやり方で、社会参加に近づいてしまう

このような無力な私が、自分の力で脱ひきこもりなど、とてもできそうにないと思っていました。ですが、妙なことに少しずつではありますが、社会参加への小さな一歩を踏み出すことに成功しています。

その原因を考えると、他者の力を借りたからとしか思えません。自分の無力さは常々自覚していましたが、あるとき、ついに自力による社会参加をあきらめ、積極的に人様のお世話になることにしました。すると、それをきっかけに、社会に向けて急速に近づいていきました。国や自治体がひきこもり支援に向けてさらに動き出したことも、私にとって追い風になりました。

ずいぶんとまあ、あなた任せです。自分でもあきれます。ですが、無力な者の戦略としては、他人に大きな迷惑をかけない限り、これも一つの方法なのかもしれないと思います。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。