家庭内暴力をしない私、かえって家族に気味悪がられる

私は生まれてこのかた、家庭内で暴力をふるったことがありません。もちろん、ひきこもってからもそうです。家族に対して攻撃的な振る舞いをすることも一切なく、大人しくしています。家族からは毎日責められ続けていますが、それに反発して粗暴な言動を見せるようなこともありません。

私は内向きな性質なのでしょう。不満に思うようなことがあったり、理不尽さを感じるようなことがあっても、人や物に当たることはほとんどなく、自分の心の中で処理するのが、子供の頃からの癖です。

私自身、これはそんなに悪いことではないだろうと思っています。私が家族に手を出すようなことをすると、ますます家庭に迷惑をかけることになってしまいそうだからです。

* * * * * * * * * *

ただ、家族としては、こうした私をかえって気味悪く感じることも時にあるようです。そして、「いつか鬱憤が爆発するのではないか」などと警戒されます。特にひきこもりとなると家庭内暴力を伴うことがあると言われていますから、なおさら不気味なのかもしれません。

だからと言って、家族を安心させるべく、家庭ではちゃんと暴力を振るおうとか、八つ当たりしようとか、そうしたことは考えません。そうした言動をとったマイナス面の方が大きいでしょうし、そもそもそういう気持ちも起こらないからです。「鬱憤の爆発」は、家族の考えすぎだろうと思います。ただ、私はひきこもり支援施設職員から、抑圧された感情は何らかの形で発散した方がよいと助言を受けたことがあり、適切な形でそうした方がよいかもしれないと考えることはあります。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。