人の迷惑を気にして、社会的場面から身を引く

「僕が関わり続けると、迷惑がかかるから……」

これは、私の常套句のようなものです。友人や知り合い、グループなど、何らかの対人関係を終わらせようとしたときには、だいたい、私はこの文句を切り出します(自分でも最近気が付きました)。もしくは、口には出さなくても、そう考えます。

このように、自分が相手にかける迷惑を気にかけ、身を退くのが、どうやら私によくある行動傾向のようです。こうしてどんどん自ら人から距離を置こうとするため、独りでいることが多くなったり、最初から社会的場面に参加することをしばしば控えたりします。

もっとも、これとは矛盾する行動をとることもあります。私がこうしてブログを書き続けることも、その一つでしょう。時には不正確な情報を発信して多くの人に迷惑をかけながらも、自分の拙い思いや考えなどをウェブの場に公開し続けています。

* * * * * * * * * *

「自分なんかが脱ひきこもりして社会に参加しようとするのは、社会の人にとって迷惑では」

こうした性格の私ですから、このようなことを考えることがあります。この問いに対する答えは、はっきりしていません。今のところは、ひきこもり続けることの方がそれ以上に問題と考え、脱ひきこもりを試みているわけですが、悩むこともあります。

また、もっと具体的に、仕事を探しているとき、具体的な求人に対して「自分のような者がこの仕事に応募するのは、会社にとって迷惑では」と考えることも多いです。この場合に応募するかどうかは、仕事の内容などによります。

こうした考えや行動の癖は、私のひきこもりとその長期化の一因かもしれません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。