いただいた拍手(2017年9月)

アイキャッチ画像
先月もたくさんのブログ拍手をくださりありがとうございます。2017年9月にいただいた「拍手」をまとめました。FC2 ブログのブログ拍手管理機能を主に用いて集計を行っています(統計期間 2017年9月1日~2017年9月30日)。

総拍手数: 72拍手

9月に公開した記事の拍手


17/09/01 いただいた拍手(2017年8月) 8
17/09/06 雨の日は外出しやすい 10
17/09/11 当事者や家族が望む支援 9
17/09/15 「引きこもり」「ニート」国会や地方議会でどれほど話題に? 12
17/09/20 ニート(非運動性活動熱産生) 10
17/09/25 ローマ教皇が、引きこもりに軽く言及 9
17/09/25 室内のことなんて、外からは分からない 5

8月後半に公開した記事の拍手


17/08/21 オピオイド危機と労働参加率低下の関係(米国) 1
先月との合算: 7拍手
17/08/25 可愛いハエトリグモ
先月との合算: 11拍手 2
17/08/28 京都府は「ひきこもり支援センター」ではなく「脱ひきこもり支援センター」 3
先月との合算: 10拍手

その他拍手をいただいた記事


お盆に、幼馴染とニアミス? 1
The Wall Street Journal に、日本の引きこもりの記事 1
ひきこもりとニートの違い(改訂版) 1
親の態度が変わってきた 1

むすび


たくさんの拍手、ありがとうございました。参考にいたします。

※ ブログ拍手にコメントをくださった方、ありがとうございます。コメントが非公開の方については、ブログの設定上コメントをお返しできません。ご了承ください。

[おまけ:当ブログPC版にアクセスされた方の使用OSと使用ブラウザ トップ5]

Windows 7 / 35.63%
Windows 10 / 24.17%
Android / 9.09%
Windows XP / 8.43%
iPhone / 5.88%

Internet Explorer 11.0 / 22.05%
Chrome 60.0.3112.113 / 17.89%
Firefox 55.0 / 10.56%
Internet Explorer 8.0 / 8.05%
Safari 10.0 / 6.93%

統計期間 2017年9月1日~2017年9月30日。忍者ツールアクセス解析による。なお、使用OSと使用ブラウザは、前回では2017年7月に記録しています。 (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

室内のことなんて、外からは分からない

埼玉県朝霞市の少女が監禁された事件は、ショッキングでした。脱出した少女が、駅の公衆電話で助けを呼んで保護された、あの事件です。被害者が受けた苦しみや失った時間の重さは、計り知れません。

この事件で私が驚いたことの一つは、少女が長期間監禁された場所です。大学の門の近くにあるごく普通のアパートの一室で、1階にはコンビニエンスストアまであったというのです。ある程度の人の往来がある場所だったろうと思うのですが、誰も気付かなかったわけです。「まさかここで、そんな恐ろしいこと(監禁)があったなんて」という近所の人のインタビューを、どこかで聞いた覚えがあります。

それはもっともなことです。室内のことなど、誰にも分かりません。たった壁一つ隔てた向こう側のことが分からないのは、考えてみると不思議なことのように思えます。

近所を歩いていると、そう感じることがあります。町内の家にはどんな人が住んでいて何が行なわれているかは、外からは分かりません。たった一つ壁を隔てた先で、例えば老老介護や認認介護などの深刻なことが起きていることだってあり得ます。そうかと思えば、子供が楽しくゲームをしているだけかもしれません。

私が昔住んでいた家の道路は高校生(女子が多い)の通学路に面しており、我が家のトイレはその通学路側にありました。このため、用を足すために下着を下ろしたそのほんの向こうで、女子高生が歩いていたことだってあったはずです。今考えると恐ろしいですが、当時は別に何とも思っていませんでした。これも壁の力でしょう。

そう思いながら近所を歩いていると、自分の家に到着します。そうか、我が家で何が起こっているかも外の人には分からないのだという当たり前のことを、改めて感じます。その一つ壁を隔てた先には、引きこもりがちの男が暮らしているのです。

スポンサーリンク

ローマ教皇が、引きこもりに軽く言及

ローマ教皇フランシスコ1世が、日本の司教団に宛てたメッセージの中で、引きこもりについて軽く触れる場面がありました。

↓ そのメッセージについて。文章の後半。バチカン放送局ホームページへのリンクです。
◇ 教皇、日本司教団にメッセージ、福音宣教省長官フィローニ枢機卿の訪日機会に
新しいウィンドウで開く

現代日本が抱える様々な問題の一つとして、引きこもりを挙げたのだろうかと思います。他に挙げられた問題の中には若年層の自殺率など、日本にある程度通じていなければ普通海外の人は知らないのではと思われるものも含まれています。

引きこもりは海外でもある程度知られているようです。ニュースで報道されるなどしています。英語圏を含む、インド・ヨーロッパ語族の多くの地域では Hikikomori とそのまま表記するほどです。ただ、海外の要人が引きこもりについて触れたという話は、少なくとも私はこれまで聞いたことがありません。

教皇が日本の引きこもりをどの程度知った上で触れたのかは私には分からないのですが、ともかく、ローマ教皇という海外の要人が引きこもりに触れたのは大きそうだと思い、ここで取り上げることにしました。

今回の教皇の言及との関係は知りませんが、カトリック教会の中には、以前より引きこもり支援に関わる動きがあるようです。

↓ 公式サイトへのリンクです。
◇ カトリックひきこもり支援東京大会 | 七十二人の集い
新しいウィンドウで開く

↓ 「イエズス会社会司牧センター」へのリンクです。
◇ 「七十二人の集い」ひきこもり支援活動紹介
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

≪PREVNEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。